【最新】スマホ代が10,000円割引になる神キャンペーン開催中!?

【解説】LINEモバイルに乗り換える最適なタイミングと料金発生タイミング

この記事では、LINEモバイルの乗り換えに最適なタイミングや、料金発生のタイミングについてまとめます。

スマホの乗り換えでネックになるのが途中解約による違約金の発生ではないでしょうか?

乗り換えの際にできるだけムダな手数料は省きたいもの。

そこで今回は、LINEモバイルに乗り換えるのに最適なタイミングをご紹介します。

 

\ スマホ代を月300円にするなら /


 

乗り換えるのに最適なのは「2年縛りが終わるタイミング」

大手キャリアでは、2年の契約縛り期間がありますよね?

契約から2年の間に途中解約してしまうと、違約金として9,500円がかかってしまう制限です。

スマホを乗り換えるにあたってこの2年縛りの違約金はかなり痛手です。

違約金の発生しない2年縛りが終わるタイミングで乗り換えをするのがお得になります。

すでに2年以上経っている方は問題ありません!

2ヶ月以上残っている場合はすぐ乗り換えた方がお得

2年縛りが終わるタイミングがいいと前述しましたが、 契約期間が2ヶ月以上残っている場合はすぐに乗り換えてしまった方がお得 になります。

この「2ヶ月以上」という期間は、 スマホ代が6,000円程度を仮定 してお話ししていますが、あなたが 毎月9,500円以上のスマホ代を支払っているなら今すぐに乗り換えた方がお得です!

 

大手キャリアとLINEモバイルのスマホ代の料金差は、約5,000円になっているので、違約金を十分に回収できます。

「早めに乗り換えた方がお得になる」 ということを覚えておいてもらえればいいでしょう。

【地味に大切】翌月の月額料金が発生しないタイミングで解約して!

乗り換える際に地味に外せないポイントが、大手キャリアの 翌月の月額料金が発生しないタイミング で乗り換えること。

翌月の料金がかからないタイミングで乗り換えたと思ったのに、実は間違えていたなんて事になったら非常にもったいないです…。

ここで、各大手キャリアの月額料金確定日(締め日)を確認していきましょう。

MEMO
  • docomo:当月月末(1日〜月末分)→月末までに解約すればOK
  • au:当月月末(1日〜月末分)→月末までに解約すればOK
  • Softbank①:当月月末(1日〜月末分)→月末までに解約すればOK
  • Softbank②:当月10日(前月11日〜当月10日)→当月10日までに解約すればOK
  • Softbank③:当月20日(前月21日〜当月20日)→当月20日までに解約すればOK

 

Softbankは少し特殊な料金確定になっていて、契約時にSoftbankで確定日が決められます。

自分がどの締め日になっているかは 「My SoftBank(料金・支払い管理)」 で確認可能なので、チェックしておきましょう。

LINEモバイルでは10,000円以上安くなる、お得なキャンペーンをやってる

2019年8月現在、LINEモバイルでは 10,000円以上安く契約できるキャンペーン をやっています。

5ヶ月目~9ヶ月目までの5ヶ月間、月額基本利用料から1,000円値引 されるため、 コミュニケーションフリープラン 3GBで契約すれば、スマホ代が1年間13,170円で済む 計算になります。

コミュニケーションフリープラン 3GB(1,690円)の場合
  • 初月:300円/月
  • 2〜4ヶ月目:300円/月
  • 5〜9ヶ月目:690円/月
  • 10ヶ月目〜:1,690円/月

LINEモバイルのキャンペーンの中でもかなりお得なので、この機会にぜひ契約・乗り換えを検討してみてください。

キャンペーンの詳細は以下の記事にまとめていますので参考までに。

【2019年9月最新】LINEモバイルキャンペーンで乗り換え・契約をお得にする併用方法は?

LINEモバイルでの料金発生タイミング

大手キャリアからLINEモバイルに乗り換え後、いつ料金が発生するのかも気になるポイントですよね。

LINEモバイルでの料金発生タイミングは以下になっています。

  • MNPで乗り換えの場合: LINEモバイルを開通させた翌日またはデータ通信を開始した日
  • 新規で契約の場合: LINEモバイルのSIMカードが発送された2日後(発送日は含めない)

 

乗り換えの場合は、 LINEモバイルを開通させた翌日」か「開通日にデータ通信をしていれば開通日」 に料金が発生します。

また、乗り換えの際は LINEモバイルに開通した時点で前キャリアとの契約が解除 になります。

解約日と乗り換え日は、LINEモバイル乗り換え後にデータ通信をしていれば、同じ日になるので覚えておきましょう。

LINEモバイルの開通手順

LINEモバイルからSIMカードが送られてきたタイミングで、 開通手続き をする必要があります。

乗り換え方法については、【絶対わかる】LINEモバイルへ乗り換る手順まとめ【画像付きで徹底解説】で詳しく解説をしてるので参考までに。

ここでは、開通の手順について紹介します。

LINEモバイルには 「自動開通」と「手動開通」がある

LINEモバイルの開通には 「自動開通」 「手動開通」 の2つの方法があります。

自動開通は、SIMカードが到着した翌々日の午後に自動的に開通する方法。

名前の通り自分で何もしなくとも自動的に開通をしてくれ、開通したタイミングで前キャリアとは自動解約となります。

 

手動開通には、「MNP開通電話」と「ネットMNP開通」の2種類があります。

MNP開通電話は、以下の電話番号に 電話をかけるだけでOK で自動音声が流れてLINEモバイルの開通が完了します。

MNP開通受付窓口:0120-889-279

 

ネットMNP開通は、 LINEモバイルのマイページから「MNP開通申し込みボタン」を押す ことで開通する方法。

マイページにログインしてボタンを押すだけでOKです。

どちらも簡単な手順でできるので、自分の好きな方で開通を行いましょう。

LINEモバイルに乗り換える具体的なスケジュール

ここまで読んで、以下がベストタイミングだとわかりました。

  • 2年縛りが終わっていること
  • 翌月の料金がかからないタイミング

最後に具体的なスケジュールを紹介して終わりにしようと思います。

 

LINEモバイルに乗り換えるまでにかかる日数は、おおよそ以下になっています。

  • 1日: LINEモバイル申し込み
  • 1〜3日: 本人確認審査完了
  • 1〜3日: LINEモバイルのSIMカードやスマホの発送
  • 1日:LINEモバイルへ開通

早くても4日、長い時は1週間以上かかる場合もあります。

翌月の料金を発生させたくない場合は 最低でも当月25日より前に乗り換えを進めるべき です。

 

なお、Softbankの10日、20日が締め日の場合は、それぞれの 締め日の5日前くらい に乗り換えを進めればOK。

ぜひ、余裕を持ったスケジュールで乗り換えをお得に済ませてください!

タクマ
最後まで読んでいただきありがとうございました!